ギリシャ国民投票、ドイツのメルケル首相は敗北したのか?

AD

ギリシャの国民投票は、ユーロ圏の債権者が、ギリシャに提案した債務の返済条件について、受け入れるかどうかという選挙でした。

この返済条件はドイツ主導で作られたものといってもよく、見方を変えれば、ドイツのメルケル首相が選挙で負けたという見方もできます。

そもそも、ユーロの理念は、第1次世界大戦、そして第二次世界大戦で起こったヨーロッパ各国間の対立をなくし、欧州をひとつの共同体としようという理念でできたものですが、

今回のギリシャの国民投票の結果は、古くからある欧州各国間の対立を再びよびおこすきっかけになるかもしれないという、歴史的な選挙結果ともいえるのです。
‘Merkel has lost’ – how the Greece referendum vote split Europe

ギリシャの選挙結果は、ドイツ、そしてメルケル首相の敗北だ。と指摘したのは、ギリシャの新聞ではなく、フランスのオランド大統領の盟友の政治家です。

彼によると、今回のギリシャの選挙結果により、フランスのオランド大統領にとってはヨーロッパの政治でリーダーシップを発揮する機会となったと指摘しています。

ヨーロッパの統一性、共同体を作るという理念においては、ギリシャもですが、ドイツの対応も子どもじみているからと指摘しています。

ギリシャ問題がきっかけで、ヨーロッパ各国が昔がそうであったように対立するようになれば、これを喜ぶのは、現在ウクライナ問題でヨーロッパと対立しているロシアのプーチン大統領でしょう。それを刺激するように、プーチン大統領はチプラス首相と会談し、ロシアとギリシャの関係を深めることを模索しています。

今やギリシャのユーロ圏からの脱退は時間の問題ともいえますが、そのことは欧州大陸の将来を決めることでもあるのです。

バルファキス財務相のあとに就任したギリシャの財務大臣は、ギリシャのユーロ圏からの離脱は、ユーロ圏の崩壊を招くと信じています。

さて、現在の世界最強の女性でギリシャで最も嫌われている女性でもある、ドイツのメルケル首相は今回の選挙結果についてどのように対応するのでしょうか。

メルケル首相はユーロ圏の一体感、共同体を誰よりも推進してきた政治家ですが、今回の件については、ギリシャ側の再提案を待つとしてそれまでは静観しています。しかし、選挙後に何度かチプラス首相と電話会談をしている模様です。

AD

ドイツの経済担当大臣は立場を明確にしています。チプラス首相が妥協しないかぎり、ギリシャは食料と薬しか提供されないだろうとコメントしています。
しかし、ギリシャ国民の生活が苦しくなるのはわかっているので、人道支援の目的で、資金の提供はできないが、食料と薬の提供は拒否すべきではないとも指摘しています。

欧州委員会の委員長はギリシャの投票結果は違法であり、ギリシャの危機を解決するのは簡単ではないと述べています。

ECBはよりギリシャに厳しく、ギリシャの投票結果が、ECBの資金供給に影響することはないと指摘しています。

ギリシャにとっては、現在、フランスが最大の理解者のように見えます。ギリシャ問題は、EU間、特にドイツとフランスの間のパワーバランスを変えるだろうとフランスの政治家は指摘しています。

ドイツは第1次大戦後に厳しい賠償金をヨーロッパ各国から課され、その結果、激しいインフレをはじめとする経済的な困難を招きました。そしてそのことがナチスの台頭を招いたのですが、ドイツは同じことをギリシャにすべきではない。と、フランスの経済担当大臣は指摘しています。

ギリシャ問題をきっかっけとして、ヨーロッパの結束が揺らいでいることで、喜んでいるのはユーロ圏からウクライナ問題で制裁を受けているロシアのプーチン大統領です。彼は国民投票で勝利したチプラス首相をたたえ、ロシアとギリシャの関係は深まるだろうと述べています。

もともとロシアとギリシャはキリスト教でも東方正教で、宗教的な背景もちかいのです。

さて、メルケル首相とオランド大統領は、ギリシャの投票結果を受けてパリで会談しています。その会談結果の声明をだしていますが、メルケル首相はギリシャは経済改革に責任をもつ必要があると強調し、オランダ大統領はギリシャを含めたユーロ圏の結束の重要性を表明しています。

ドイツとフランスのギリシャに対するスタンスを端的に示す声明となっています。そして今後行われるチプラス首相を交えたユーロ圏の首脳会合でもこのスタンスは引き継がれるでしょう。

ここでの会談が不調におわれば、7月20日に償還を迎える、ECBが保有するギリシャ国債の償還は困難となり、そうなれば、ギリシャがユーロ圏から離脱する可能性は高まるでしょう。

ギリシャの問題は当たり前ですが、ユーロ圏の政治問題でもあります。そしてEUの大国でもあるドイツとフランスでもスタンスが違うのですから、首脳会談がまとまるのも難しいように思いますね。

AD

関連記事

4191532532_d8e5eb2bc1_m

ヒラリー氏が見習うべき、メルケル首相が成功した理由

ドイツのメルケル首相は11年前にドイツの首相に就任し、それ以来その地位を守り、「EUの女王}とまで称

記事を読む

14896496362_02d65fb535_z

ユンケル欧州委員会委員長、難民受け入れ国に補助金を支払う計画を発表へ

内戦下にあるシリアからヨーロッパにやってくる難民は、ヨーロッパを大きく揺るがしています。 ドイ

記事を読む

5137311135_d9b728a0ca_z

イギリスの金利は遅かれ早かれ上がる

中国が通貨安政策をとったため、輸出品が安くなり、その結果デフレになるのではないかという懸念も生じてい

記事を読む

woman

ドイツ人との交際、デートのときの会話で気をつけたいこと

笑い、は友達を作る最良の方法の一つであることは知られています。それがなくてはデートもできません。冗談

記事を読む

7619266548_0b4279bd07_z

フォルクスワーゲンの排気ガスの不正スキャンダル。VWに何が起きたのか?

ギリシャ問題がひといきついたら、難民問題に悩まされ、そして今度はドイツ最大の自動車メーカー、フォルク

記事を読む

11240254803_92310fd6c1_o

ドイツのイスラム過激派のラッパー、フランス新聞社にしたテロをドイツで起こすと警告

ドイツにもイスラム国(ISIS)のシンパはおりまして、時々、テロを促すプロパガンダをYoutubeに

記事を読む

14746943666_efd12c484b_z

ドイツ語は世界で人気の言語か?

私は大学のときは第二外国語はドイツ語を選択しました。英語に似ているから。という安直な理由だったのです

記事を読む

272104_b9383b0487_z

ギリシャのような国で預金封鎖が行われるとどうなるのか

ギリシャ政府は2015年6月29日から、銀行の営業を停止させました。欧州中央銀行(ECB)がギリシャ

記事を読む

4344601261_f24e17b2fe_z

働くならフランスとドイツのどちらがいいか?

フランスとドイツ、ヨーロッパ大陸の大国ですが、会社員としてつとめるならどちらの国で働いたほうがいいで

記事を読む

8273660863_d4fbcd31ba_z

フォーブスの世界の億万長者、お金持ちランキング(2015年版)に見る傾向

アメリカの雑誌、フォーブス(Forbes)が世界の億万長者ランキング(2015年版)を発表しました。

記事を読む

PAGE TOP ↑