フランスがドイツほどシリア難民を受け入れられない理由

公開日: : フランスの事情

AD

ヨーロッパにやってくるシリアからの難民。彼らはドイツを目指しているのですが、フランスにはなぜこないのでしょうか。もともとシリアはフランスの植民地だったのに。

また、フランスも難民の受け入れは表明していますが、ドイツほどの人数は受け入れず、24000人になる見通しです。なぜ、フランスでは難民を受け入れられないのでしょうか。

これには、経済的、歴史的な理由があるのです。
France won’t open arms to refugees like Germany

先週末、ドイツのミュンヘンには大量の難民が到着して混乱しましたが、イタリアとフランスの国境は通常どおりでした。ドイツは難民受け入れを表明していますが、フランスは難民がきても基本的にはイタリアへ追い返しています。

必要書類がなければ、現行のルールでは、難民はフランスに入国できません。

月曜日に、ドイツは、難民のために追加で60億ユーロの予算を計上して住居を建設し、そこではドイツ語の教育を受けることができたり、警察を増員するという計画を発表しました。

フランスでも、難民向けのキャンプを建設する予定ですが、それはEUの資金が充当され、フランスの国家予算は使用されません。

ドイツではメルケル首相が、ドイツは難民を受け入れられると述べましたが、フランスのオランド大統領はそのようなことは言えないでしょう。野党の保守派から非難されるからです。

ドイツとフランス、両大国では、難民についての世論も大きく違います。ドイツでは基本的に難民受け入れには賛成しているという人が多いのに対して、フランス国民は、ドイツの難民受け入れ政策に反対している人が多いです。

ドイツの行政は、難民を安全に保護できるかどうかについて懸念しているのに対し、フランスの行政は、キリスト教徒しか難民は受け入れたくない。難民のなかにイスラム系のテロリストが紛れ込むことを懸念しているという立場です。

オランド大統領は、ドイツだけに難民の負担を負わすことはできないとは表明していますが、フランスに受け入れる難民の人数はドイツなみに増やせないという立場です。

それにはいくつかの理由があります。

1.ドイツとフランスの経済力の差

ドイツは経済が絶好調で、労働力需要も強いです。一方でフランスはドイツの失業率の2倍であり、一向に失業率が下がる様子がありません。ドイツは財政収支が均衡し財政に余裕がありますが、フランスは財政赤字で、財政収支を均衡させることが課題となっています。

AD

難民が増えると生活保護はじめ財政負担が増える要因となりますが、ドイツは余裕があるのに対しフランスには経済的な余裕がないのです。

2.人口動態の違い

ドイツは少子高齢化がすすみ、若い労働力を必要しています。彼らに働いてもらって、高齢者の年金を払ってもらわなければなりません。

一方フランスはドイツよりは出生率が高く、人口構成も若いのです。そして若年層ほど、失業にあえいでおり、失業率は25%にもなります。新しく難民にこられて労働力になられては、もともと高かった若年層の失業率がさらにあがってしまうでしょう。

3.歴史的な要因

ドイツには外国人を排斥したという暗い歴史があります。ナチスのユダヤ人迫害と国家主義という歴史です。その反省に基づき、外国人の受け入れに寛容なところがあります。一方で、フランスにはそのような歴史がありません。

また、ドイツはヨーロッパの東側諸国や東ドイツと合併したときに上手に取り込んで労働力化したという経験があります。フランスにもベトナム戦争やアフガニスタン戦争難民の受け入れをやってきたのですが、最近はそれほど受け入れを行っておりません。

4.イスラム教の要因

フランスはヨーロッパ最大のイスラム教徒コミュニティとなっており、今年は大きなテロもありました。ドイツはドレスデンで反イスラムデモは起こっているものの、イスラム教徒によるテロはまだ起こっておりません。

そのため、フランスではイスラム教への脅威を感じている人が多いと考えられています。

5.フランスの保守派の台頭

ドイツのメルケル首相の磐石な政治基盤とちがい、フランスではオランド大統領の支持率はさがっており、代わりに上昇しているのは、保守系最右派のルペン党首の支持率です。

彼女は、難民は受け入れるべきではないと主張しており、それが支持されている理由となっていると見られます。オランド大統領もそのことは無視できないでしょう。

難民問題では、このようにEUでもそれぞれ事情が大きく異なります。ドイツのような余裕がないというのが最も大きいところでしょうか。

そもそも、中東やアフリカの難民問題はドイツよりもフランスに原因があると認識しています。無責任なものです。

しかし、オーストラリアや南米諸国でもシリアの難民を受け入れるという国が続々と出てきています。ドイツと同じように高齢化がすすむ日本に、国際貢献を求められて、難民受け入れを要求されたりしないでしょうか?

もはや対岸の火事とも言い切れなくなってきたように思います。日本の政治家には全力で反対してもらいたいところです。

AD

関連記事

french

フランス人男性とおつきあい、彼氏にして学んだこと

フランス人男性とおつきあいしたという外国人女性の経験談をご紹介します。いろいろ多くのことを学んだよう

記事を読む

is2

アメリカ、フランス、ロシアがイスラム国(ISIS)と戦争しても勝てない理由

2015年11月、フランスのパリはイスラム国(ISIS)のテロリストによる大規模テロが発生し、多くの

記事を読む

5534801186_f38b829a1a_z

フランスとスペインのどちらに留学すべきか

フランスとスペインのどちらを留学先とすべきか。フランスには料理やパティシエ、あるいは芸術関係で留学す

記事を読む

8450619840_87dfdef2e6_z

フランスが人気の観光地で1位となっている6つの理由

世界で最も観光客を集めている国はフランスです。2013年は8400万人の観光客が訪れたといいますから

記事を読む

french guy

フランス人男性と付き合いたい女性が知っておくべきこと

「ブロークン・イングリッシュ(Broken English)」(2007年アメリカ映画)、「ル・ディ

記事を読む

11752691664_eea24c23f5_z

フランスの経済が不景気なようで不調ではない理由

ユーロ圏といっても、実質的に経済的に影響があるのは、ドイツとフランス、それから財政赤字が大きく経済規

記事を読む

216941152_c80102c656_z

フランスに海外移住する人はどんな生活を送っているのか

フランスに海外移住している人というのはどのような生活をしているのでしょうか。 日本人ですと、留

記事を読む

6346701577_fbde4089ee_z

イスラム教の影響強まるフランス

フランスではイスラム教の過激派による新聞社襲撃事件が起こり、それ以来、イスラム教に対する関心が高まっ

記事を読む

infidelity-small

フランス人はあなたが思っているほど浮気に対して寛大ではない

  夫婦外のデートサイトの一連の広告は、フランスで大きな反響を呼んでいます。

記事を読む

2741721319_80510e8183_z

GACKTも嘆いたフランスの人種差別、政府は対策費に100万ユーロを計上

少し前の話ですが、歌手のGACKTさんが、トランジットでフランスに立ち寄ったときに、カフェに入ったと

記事を読む

PAGE TOP ↑